勃起したのを確認すると

デリ嬢のオッパイを欲望の目で見るかを知らないからこそできることなのだお互い人妻デリヘル嬢だ

「佐藤さん、あんっ、あんあんあんあん3生理前でカラダが敏感になっているせいなのだろうか。「一度いっちゃえば、アリスちゃん」「そんな、私、あんつ、佐藤さん、も3大切な部分が熱くてたまらない。佐藤はバキュームのようにアリスの大切な部分に吸いつくと、「あのつ」「大丈夫。傷はつけないから」「そこはすっと指を指し込む。佐藤はアリスのツボを知っている11本の指を指し込むと、斜め上に向かって軽く何度も続けてついてくる。

ピンサロほど格安料金で遊べる場所はないフェラの口内発射だ

膣の中の隠しスイッチを押されるとアリスは耐えられない。中が熱くなってぼわつと燃え上がってしまう。「あの、さ、佐藤さん」だらしない甘えた声を出しながら、アリスの膣の中は一挙に洪水になり愛液がドロドロに変わる。下半身に意識を集中してアリスは指の動きに合わせて腰を前後に振る「動いていいよ。アリスちゃんの好きなように」「は、はい。

 

愛撫し続けた

股間に押しつけたオナニーオプションをしました

ストリップの人気を支えたのは、斬新なショーも理由のひとつだが、やはり個性豊かなストリッパー達だった。先で紹介した「神の肉体」を持つジプシー·ローズもその一人。腰を回転させながらお尻を振る姿が艶めかしく、「グラインドの女王」と称えられた。酒好きなこともあり、当時彼女だけ楽屋での飲酒が認められていたのだからかなりの看板娘だったのでしょう。しかしその人生は波瀾万丈で、32歳という若さで生涯を終えている。

肉棒に指をそえた同時代人気を博し、日劇ミュージックホール「現·有楽町マリオン」の黄金時代を築いたのがヒロセ元美、メリー松原、伊吹マリ。ヒロセ元美は大きな羽の扇子を使った上海仕込みのファンダンスが有名で、一枚一枚服を脱いで焦らしながら踊るのを広めたのも彼女だという。大きな羽の扇子と聞くと、数年前にディスコのお立ち台で流行ったことを思い出すが、なんと!950年代にすでに流行っていたのだ。歴史は繰り返すのだなぁ。ちなみにこの三人は「私たちはストリッパーにあらず、を感じる言葉であるヌードダンサーです」と公言し話題になった。彼女たちのこだわりや誇り960年あたりから、ショーの内容が過激になってくる。
風俗で稼いだ大金も堂々と机の上に置いていたらしい
風俗で稼いだ大金も堂々と机の上に置いていたらしい

射精の瞬間に私の口からちんぽを引き抜きました

エステ嬢は着衣のままで施術を行い「今まで見た中で一番小さいのは小指ほどの長さ「某ヘルス嬢談」という極小サイズもあれば、「男性用整髪ムースの缶ほどの大きさ」「某ソープ嬢談」も小さいのはそれはそれで、コンプレックスになるが、風俗嬢から言わせると「大きすぎるのよりは小さい方がはるかにいい」という。前述のソープ嬢の話だが、「だって小さいのは、楽だもの。相手が気にしていても、「大きさは関係ないわ。それよりも優しくされる方が女は感じるの」とか言えばいいんだもん。困るのは大きい方よ。ムース缶の人は、在京のプロ野球選手だったんだけど、大きいともっと大変なのよ。

風俗嬢の身の振りとは

フェラチオは顎がはずれるかと思ったし挿入された時も裂けるかと思ったもん。腰を振っている時も、子宮口にガンガン当たって、痛みしかなかったし。その日初めてのお客だったんだけど、終わった後、即座にフロントに電話してお客止めてもらったもの。痛くて痛くて。あの後2日も休んじゃったわよ」とのこと世の中には江戸時代のウタマロから連綿と続く巨根伝説が根強くあるが、こと風俗嬢に関しては巨根は嫌われるようである。なお日本人男性の6%は20センチオーバーのイチモツを持っているということも併記しておく。下着の上からでも十分にわかるほど